iMac 21.5inch , Late 2009が突然天に召されました。

先週末のことです。

 

休業期間中に色々やってみようと自宅スタジオバージョンにセットしたiMacで、iMovieを使って動画編集作業中の出来事。突然電源が落ち、あれ?スリープ入ったのかな?と思いマウスとキーボードを操作するが反応なし。マウスとキーボードはBluetooth接続なので電池を入れ替えるがそれでも反応なし。

 

電源ボタン押しても反応なし。

 

コンセント差し替えたり放電したりと色々試しましたが反応なし。

 

 

うーーーん。壊れた。?

うん、壊れたな。

 

サカナクションのYoutubeプレミアライブ見ながらノリノリで作業中だったのですがw

 

関連記事:
▶︎▶︎▶︎現在の音楽制作環境・機材(2020.4.23)
▶︎▶︎▶︎音楽教室で働くワイ、コロナショックで生活の危機!(2020.4.11)

 

幸いにも、重要なデータはNASにバックアップしてあったので九死に一生でした。

こういう時に思いますが、バックアップ本当に大事。

歴代のiPhoneを毎回クラッシャーもしくは水没させてきましたが、毎回バックアップを取っておらず大騒ぎしてきました。だから説得力あるでしょ!うん!

 

私はNASというネットワークに接続して使う外付けのハードディスクを使っています。synologyのNASキットは自分で HDDを別途購入して組み立てるタイプですが、見た目もシンプルでデザイン性が高くカッコいいです。組み立てるって言っても工作程度なので難易度は特に高くないです。セットアップも簡単です。

 

 

2台のHDDに全く同じデータを保存し、何かあった際にもデータの復旧がしやすいRAID 1システムを組むことができるので、HDDにエラーが起きた際も中身のデータは安心です。Amazonなら注文後、なんと中1日で届きます。

【NASキット+ガイドブック付】Synology DiskStation DS218j/JP [2ベイ / デュアルコアCPU搭載 / 512MBメモリ搭載] 国内正規品+電話サポート対応品  

Amazon楽天yahooショッピング

 

SynologyのNASシステムで特に便利なのは、リモートアクセス機能を使って自宅外からモバイル回線でiPhone上からNASのデータを閲覧したり、自宅外のPCからもアクセスが可能なところです。出先でNASに保存した音源データを再生したり、写真データを確認したり、DropboxやGoogleDriveのようなクラウドサービス代わりに使うことができます。ちなみに私はDropboxの容量がパンパンになったタイミングで購入しました。

 

中身のHDDには安定性と耐久性に定評のあるWDのREDを入れておけば安心です。SynologyのキットでRAID1で組み立てる場合は、同じものを2枚購入して組み込むことになります。

 

 

ちなみに 私は下のWDのREDの3TBで運用しています。


Western Digital HDD 3TB WD Red NAS RAID 3.5インチ 内蔵HDD WD30EFAX-EC

Amazon楽天yahooショッピング

 

 

iMac Late 2009、10年間お疲れ様でした。

ポリカーボネートの白いMacbookからこのiMacに買い換えてから、このマシンで音源も映像もたくさん作りました。。。

特に映像編集では大活躍してくれてました。

 

 

2012年のこれもFinalCut で作ったなぁ〜〜〜

 

 

Youtuber的なノリで企画した2010年のこれもww

 

現在、新しいiMacに買い換える余裕も修理に出す余裕もない上、サポートも終了しているモデルなので、しばらくこのまま家に置いとくことになるのですが。

 

このデカイ文鎮、どうしたもんか。自分で分解してみるかなw

 

 

コロナ緊急事態宣言明け、教室でのレッスンが再開するまでは、引き続きこのブログの広告収入のみで生活しております。ブログの中で気になった商品がありましたらポチッとやっていただけると生きていく糧になります。なにとぞよろしくお願いいたします。ペコリ。

 

『音楽教室で働くワイ、コロナショックで生活の危機!』

—–ブログ主へ直接ご支援を送ってくださる方はこちらから—Amazon支援物資リスト

 

 

関連記事:
▶︎▶︎▶︎ZOOMなどのオンラインミーティングやレッスンの音質を上げる方法(2020.4.17)
▶︎▶︎▶︎MacBook AirはLogicProXでの音楽制作にどのくらい使えるか?-丸1年使ってみてわかったこと-(2020.3.5)
▶︎▶︎▶︎Universal audio Arrowでボーカル&ギターレコーディングしてみた(2019.12.16)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です